(4)副産物

2010-10-25

製品によっては、製造過程で副産物が生じることがあります。副産物の処理に費用がかかれば、コスト増加要因となりますが、販売できる副産物の場合もあります。
あるクライアントの社長の実家は、酪農家です。酪農で処理に困るのが牛糞です。これまでは、近くの農家にタダで引き取ってもらっていました。しかし、この春から発酵処理装置を購入して、牛糞を良質の有機肥料にして販売することにしました。
副産物の価格を高く設定することが可能になれば、メインの商品を安くして販売することも可能になります。